2017/02/05更新

インフエンザ発症時のクラブ対応についてお知らせします。

基本的に選手本人だけではなくその世帯に発症者が出た場合は
選手本人、同居のコーチ、班長、保護者、兄弟は全て練習、試合に参加できません。
学級、学年、学校閉鎖の場合は選手本人が未発症であっても練習、試合には参加できませんがコーチ、班長、保護者、兄弟は参加できます。
これによりチームが組めなくなった場合には試合は棄権になります。過去県大会を棄権したこともあります。

練習参加停止の期間はインフルエンザと診断された日の翌日から5日間かつ解熱後2日間とします。

例:月曜日にインフルエンザと診断された場合翌日の火曜日から数えて5日目の土曜日までは練習に参加できません、これは最短期間ですので二日目で熱が下がっても5日目までは練習に参加できません、また逆に解熱までに日数がかかり4日目で解熱した場合はそこから2日間プラスされますので6日目までは練習参加できません、5日目で解熱の場合は7日目まで練習参加できません。

ノロウイルス感染についても同程度とします(感染力はノロウイルスのほうがはるかに強力です)

皆様のご理解とご協力をお願いします

ご不明の点は事務局までお問い合わせください

<活動の記録>

<Facebook>

 

 <お問い合わせ>

お問合わせはこちらから

 

<スケジュール>