1年園児・2年生:市内大会

 

 5月25日(日)、松戸市春季サッカー大会に参加してきました。

 2年生は、10人で1チーム(うち、5人は初めての公式戦、というか初めての対外試合)、1年生は、園児3人を含む5人で1チーム(うち、4人は初めての対外試合)で挑んできました。

さて、今回のテーマは、「自分で考えて、最後まで色んな事にチャレンジすること」でした。

 

 2年生は、対外試合の経験ある子ども達に落ち着き&積極的なプレーが随所に見られました。初めての試合に挑む子ども達も普段通り、いや、いつもより勝負心を全面に出しての好プレーが見られました。途中、一方的にゴールを奪われる展開に気持ちが離れつつありましたが、何度も持ち直し果敢にチャレンジすることが出来ました。

 

 1年生は、6人制で5人しか参加できず、相手チームにもご迷惑をおかけしましたが、一人一人、のびのびとサッカーを楽しむことが出来ました。

 今回、最大の悩みの種(心配事)は、1年生チームは1年生2人と園児3人で、しかも6人制なのに5人しかいない状況で、果たして4試合もつだろうか、ということでした。

 終わってみれば、1年生はもとより、園児たちが走ること、走ること。普段行っている2時間の練習では、途中からグランドに絵を描いたり、サッカー以外の遊びをしたくなっちゃう子ども達が、午後も合わせて4試合を夢中になって楽しんでいました。

 

 1日終わり、2年生も1年生も、「自分で考えて、色んな事にチャレンジ」できたと思っています。

 そして、この日一番の収穫は、園児たちが試合を重ねる毎に上達していく姿を見ることが出来たことです。改めて、楽しみながら夢中になってサッカーを行うことが一番上達するんだろうなぁと感じました。

 さあ、これからの練習で、サッカー大好きなこの子達に、どれだけ楽しんで夢中になれる環境を作っていけるかが私たちスタッフの課題だと思っています。知恵を出し合って子ども達と一緒に楽しみながら、前に進んで行こうと思います。

 保護者の皆様におかれましては、当日朝早くからお手伝いと応援をいただきまして、ありがとうございました。

 

<活動の記録>

<Facebook>

 

 <お問い合わせ>

お問合わせはこちらから

 

<スケジュール>